ふるさと納税 退職者

ふるさと納税の限度額って、
現在も働いている場合は簡単に
シミュレーションができますが、
退職している場合はどうなるのでしょう?
ふるさと納税 退職者

 

退職後、年末まで無職の場合は
年末調整はできませんから、
確定申告をする必要があります。

 

その場合は、ふるさと納税のワンストップ特例は
使用できません。

 

逆に、転職して年末調整をした場合は
ワンストップ特例でいけちゃいます。

 

 

ただ、いずれにしても、転職するまでの
期間があいている場合は、昨年よりも
年収が減っている可能性がありますよね?

 

その場合は、当然ですが去年よりも
限度額も減っていますから、
寄付のしすぎには注意しましょう。

 

もちろん、限度額を超えて寄付を
することはできてしまうので、
誰も教えてくれません(汗)

 

というわけで、ふるさと納税サイトの
さとふるのシミュレーションを使って
大まかの限度額が出るので、
その金額よりも少なめにやるぐらいが
ちょうどいいかもしれません。

 

さとふるの控除シミュレーションで限度額を計算する

 

 

私は初めてのふるさと納税で
限度額を5万円ぐらい超えて
寄附しちゃいましたからね〜。

 

まあ、自治体にとっては嬉しいことですし、
良いことをしたということには
変わらないのですが(笑)

 

私にとってのメリットがないというw
(運気アップぐらいはありそうですがw)